強い屋根実現

外壁塗装の流れ

雨漏り

外壁塗装を行なっている業者の中には日本全国24時間依頼を受け付けている所もあります。無料で見積相談も行なってくれるので非常に便利です。見積もりは建物状態を直接見て金額を出していきます。

Read More...

頼ることになる業者

雨漏り

生活の中で、電気工事を行う業者に頼る機会は実は多いです。災害による断線やインターホンの取り付け、インターネット関係の工事などで業者が必要になることも多いので、日頃から最寄りの電気工事業者を把握しておくと良いです。

Read More...

雨漏りを防ぐ

雨漏りが発生する理由

雨漏り

建物の屋根は、年中雨や紫外線にさらされる過酷な環境にあります。このため屋根に使われている材料は時が経つにつれて劣化するものです。これにともなうひび割れや穴あきにより、そこから雨水が内部に入りこみ雨漏りが発生します。こうなると業者に依頼し雨漏り修理をしなければなりません。通常の雨漏りといえばこのことが原因ですが、台風によって雨漏りが発生する場合があります。一般的な住宅の屋根は多くが三角形の勾配屋根です。こういった屋根を葺く場合、瓦やスレートは必ず軒先からスタートし、少しずつ重ねながら上に向かって並べていきます。こうすると、雨水は上から下に向かって流れるため、継ぎ目から雨水が入り込むことはありません。しかし台風の場合は雨が下から吹き込むことがあり、雨漏りが発生します。こういった原因もあるということも理解しておく必要があります。

雨漏りは放置してはだめ

雨がたくさん降った時以外は雨漏りしないからといって、雨漏り修理をしないでほうっておくといけません。天井が染みになったりと、部屋の見た目が悪くなるだけではありません。雨水は柱や梁といった建物を支えている躯体に深刻なダメージを与えます。これによりカビや腐食が発生し、建物そのものの寿命を短くすることにつながります。雨漏り修理を行う業者によれば、雨漏りが発生しやすい箇所が存在するようです。勾配屋根の棟部分(屋根の一番高い所)や、谷になっている部分です。また天窓の周りなど屋根材が途切れている部分からも雨漏りが発生しやすくなっています。穴あきなど、場所が特定できる部分であれば素人でも修理は可能です。しかし高所作業なので、雨漏り修理の専門業者に依頼することが確実な方法です。

建物の断熱や防水に

雨漏り

外壁塗装は建物の保護に大きな威力を発揮します。断熱性や防水性の高いものも出てきており、分厚く塗らなくても機能性が高いものがたくさんあります。外壁塗装業者によって費用が異なるので見積もりを依頼することが大切です。

Read More...